健康のためにみんな何しているの?

健康のためにみんな何しているの?

健康維持には、やはり、いちばん身近で取り入れやすいのは、まず食事だと思います。
若い頃は洋食などもよく作っていましたが、和食がやはりヘルシーだと思い、シフトしていきました。
ついでに、というのもおかしいですが、野菜も増やしました。
そのぶんメインのお肉やお魚が減りますが、幸い私は元々野菜が好きだったため、苦になりませんでした。
お肉の量は1人分50〜100グラムもあれば充分です。魚でも、1尾のサイズによりますが半身や1/4尾で充分。
満足度は充分です。
それでも野菜不足が気になっていました。少食だということもあるのですが。
なので、青汁を取り入れることにしました。
最近はおいしいものもスーパーやドラッグストアで手軽に買うことができるので、気軽に取り入れることができます。
そんな生活を数年続けていますが、大きな病気もなく、調子もいいほうだと思います。
あ、和食中心なので、ほぼ毎日お味噌汁を飲んでます。
お味噌が身体にいいというのは、誰もがご存じだと思います。また、ピロリ箘を予防する効果もあるというので、一石二鳥です。
最近は筋肉をつけるために、筋トレも始めました。毎日続けるために、簡単なものにしています。
その効果か、体脂肪が落ち始めました。
こうしてあらためて挙げてみると、ダイエットにも通じるものがありますね。
あまり痩せすぎなのもどうかと思いますが、健康のためにはある程度のキープも必要かなと思います。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:54:09

数年前、私は嫌々働いていた職場がありました。
仕事の内容ではなく、人間関係がとてもよくなかったのです。

 

3カ月経つのも待てずに辞めたいと思い申し出ましたが、受け入れてもらえず毎日ストレスでいっぱいでした。

 

夕方1日の仕事が終り家に帰ると、それまで感じたことのない空腹感に襲われ、ご飯を中心とした炭水化物が食べたくてたまらなくなっていきましした。
そして毎日お腹がいっぱいになるまで食べつづけていると、5キログラム体重が増えてしまいました。

 

それからまた3カ月ほど頑張りましたが、もう限界だと感じ、やっと退職できるとはっきりした日のことでした。
それまでのような異常な食欲がパタッとなくなったのです。
びっくりするくらいにその日を境に食欲は普通になりました。

 

昔から病は気からと言われていますが、この時ばかりは心底実感しました。

 

それから私は健康オタクを止め、食事にしろ、運動にしろなるべくストレスがかからないような毎日を送ることにしています。

 

いくらいいと言われる方法でも長続きしないという事は、結局楽しくない、ストレスが溜まっているという事なんだと思うからです。

 

これといって何かの健康法をやっていて、とても元気になったという経験はありませんが
少なくとも私の大好きな愛猫と一緒に家で一緒にいられるのはとても幸福に感じます。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:54:09

28歳のときに血液検査を行ったところ、脂肪肝が発覚しました。
脂肪肝とは、簡単に言うと、太り過ぎて肝臓に脂肪がついている状態です。
医師からは、このままだと肝機能が悪くなり、ゆくゆくは重症化するかもしれないと脅されました。

 

しかし、学生時代は帰宅部で、社会人になってからはデスクワークの毎日。
運動なんて縁がなかったのですが、体重も90kg近かったので、さすがにダイエットを決意しました。

 

ダイエット方法はシンプル。ジムに通って、運動を習慣化するというもの。
初めは、ジムに行くのが億劫でしたが、同居人に「ジム代がもったいない!」と叱られ、1週間に5回は通っていました。
初めこそ、慣れない運動にてこずっていましたが、筋トレや有酸素運動をすると気持ちがスッキリすることに気づきました。

 

そこからは早かった。
積極的に運動するようになり、立派な趣味になりました。
体重も半年で8kg減の82kgとなり、その後半年で75kgになったのです。
脂肪肝は解消。LDLコレステロールや尿酸値も異常値だったのですが、1年で正常値におさまりました。

 

一度健康になると、もう不健康な状態には戻りたくありません。
食事にも気を使うようになり、1日3食から1日2食にして、ビタミンCのサプリメントを毎日服用しています。
その後、仕事が忙しくなりなかなか運動が出来ない日もあるのですが、いまだにリバウンドはしていません。
血液検査でも、すべての項目で正常値、見た目もスッキリしたままです。

 

さまざまな健康法がありますが、私は運動と小食こそが健康の秘訣だと思います。
単に痩せるだけでなく、ストレス解消にもなり、コレステロール値も下がります。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:52:09

私が普段から心掛けている健康管理法はウォーキングをすることです。
ウォーキングを始めたきっかけは現在妊娠中で体重管理、体力維持のためです。一度病院で2週間で1kg増えたことがあり注意を受けました。その時に勧められたのがウォーキングです。
ウォーキングは誰でも手軽に始めることが出来ます。また用意するものも特に無いので、お金をかけずにすることが出来るのも魅力だと思います。
いざウォーキングを始めてみると、意外とウォーキングをされている方が多いことに気付きました。平日の昼間は子どもをベビーカーに乗せたお母さんや、健康増進のために歩かれている年配の方、夕方や休日はサラリーマン世代の方々がランニングをされていたりと多くの方がいらっしゃいます。そのため、一人でウォーキングしていても毎日すれ違う顔見知りの方が出来ました。年齢や性別が違う人とコミュニケーションを取ることも出来るチャンスがあるのもウォーキングの魅力なのではないかと思います。
また、自分の体調によって距離やスピードを自由に調節できるのも魅力です。時間に余裕があるときは長めにゆっくり、体調が良ければ早めに歩くなど管理をしっかり自分自身で出来るのは毎日続けていけるポイントなのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:50:09